Just another WordPress.com site

未分類

いまさら感


スタッフっていうのは「石ころ」なんで、コスプレ業界にいると遠くでも近くでもトラブルを散見してる。

大人同士の場合、眉を顰める人たちのほうが多いから、予兆があったことはだらだらと流れてくる情報素子で補完されて顕在化することになる。

ま、快・不快で判断してる「コドモ」だと思って対応するしかないんだろうな。 仲間はずれにされたその姿をみて、

「リアルタイムで同じことを自分以外の参加者が別のコミュニティで自分にしているんじゃないか?」

と思い至らないのかもね。

因果応報。

 

<LINE>「突然仲間外れ」子供トラブル相談急増
毎日新聞 8月19日(月)7時23分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130819-00000010-mai-soci


「第15回ひの新選組まつり」隊士パレード隊長決定!


今回はスタッフとして裏方?参加してきました。

ステージディレクターのお奉行も薄桜鬼のコスチュームを着た司会女性も大変好評でした。

http://makoto.shinsenhino.com/archives/fes/120429205059.php


引越し


これはシンプルで使いやすそうだ。


Hello world!


Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!




夏の思い出 ~写真日記~


 
B-マニ閉店
 
TDSでデート
 
ベトナムコーヒーとスイーツ
 
お台場デート
 
平ちゃんといっしょ
 
最後の晩餐
 
異臭騒ぎ
 
狂い咲きサンダーロード
 
恋活デート
 
Deactvated
 
モスで打ち合わせ
 
文明の利器
 
素敵な旧家を訪ねる
 
 

MVG2008


コミケの後、イベントの主催として頭脳労働に明け暮れるえっさいの慰労も兼ねて、部下として肉体労働でこき使ってやった。
雨の中集まった350人の仲間と共に、お互い子供のようにはしゃぐ。
アメリカ軍の大尉役と曹長役が俺たちには似合っている。
 
 

妥当な結末


 
やってきたことはきちんと残る。
やってもいないことは当然だが手に入らない。
 
魔法なんてどこにもないから。
 

オリオンの悲劇


 
同居人が増えた。
主従ともに世話になったのだから、新居が見つかるまでいてもらおうと思う。
近所の温泉にいって話しを聞く。
父親に連れられて風呂ではしゃぐ子供を見て、彼も俺も自分が守っていたものを思い出して苦笑する。
混浴温泉の話などでつつかれると、まだ多少は胸が痛む。
 
夜空を見上げるとオリオンが寂しげに浮かんでいる。
アルテミスは矢を放った自覚はあるのだろうか?

男女の関係は難しい


 
親しい友人が離婚した。
 
自分もそうだったが、やはり結婚とは大きなタスクなのだ。
 
安易にするとツケは大きく、理想と現実のギャップに翻弄されることになる。
 
それでも男女は魅かれあう。
 
いまは友に「お疲れ様」と言ってやるしかない。
 
 

NO PAIN, NO GAIN.


 
知り合いがネットと雑誌の記事用に「ネトア」を紹介してくれることになった。
写真を見ると結構かわいい子だった。
アジア向けのベイビーフェイス。
欧米向けのクールビューティーは何人か当てがあったが、かわいい系のモデルがいなくて多少困っていたところなので助かったと思っていた。
取り合えずの打ち合わせ日程を組んだが、見事に当日0時回ってからのキャンセル。
理由によってはこの話はこちらからパス!
 
君はまだ知らないのかもしれないけど、楽しいこと優先では何も得られないよ。
ウン百万相当の装備も、20人近いスタッフも、良いロケ地も、コネクションもこっちのもので、誰に投入するかは俺が決めること。
もう少し話のわかるベイビーフェイスモデル希望!

自由を満喫する


 
雨が振っていても傘をささずに歩く。
とても贅沢な時間。

一年かかって花開くが


 
引くつもりだったはずのこと。
現場に行くつもりもなかったが、多くのことが解決され、人々の笑顔を見ることができた。
提言や行動が功を奏したのだろう。
しかし、半分は俺の功績ではない。
それを皆にも知ってもらいたかった。
行動は正当に評価されるべきだ。
口惜しい。

死ぬな!


 
やれることは全部やった。
頼む。
君のためにも、みんなのためにも。

不倶戴天


 
片方が来ないことに決まれば、俺自身が手伝いに行ける。
活躍できる場所を与えようとした主催者の気持ちはよくわかるが面倒くさいね。
 

Devil inside


ご近所さん急な引越し、夜逃げかな?
 
都内>川崎>府中
色々とやらにゃならんこと多し。
 
些事は動きなし、可哀想だが仕方ない。
今の俺には助けられない。
 
自分の大きさを見誤らないように。
今は悪魔の様に繊細にことをすすめる。
 
The devil inside
The devil inside
Every single one of us the devil inside
Here come the world
With the look in its eye
Future uncertain but certainly slight
Look at the faces
Listen to the bells
It’s hard to believe we need a place called hell
 

変わり続けること、維持し続けること


 
考えることを放棄してしまえば、どちらも楽だね。
 
殉ずるものがあれば、人は強くなれる。
しかし、それが己を賭ける価値があるかを判断するのは難しい。
自称「ピーターパン症候群」の知り合いがいる。
選り好みをしすぎてモノやヒトを見る目だけは良いのだが、自分がそれとどういう関係性になれるかは考慮されない。
自らは変わらずに要求を繰りかえせば、いつも良い結果は出ない。
こんなことを繰り返してきて「負け犬」根性が染み付いてしまったのだろう。
何にも賭けるものを見出すことができないらしい。
とりあえず手は差し伸べる準備が整ってはいる。
後は相手次第だが、でかい花火を揚げるので些事にはかまってられないのも正直なところだ。
物資と人員の大量投入は来年春からになるだろうが、泣きが入るくらいゴリゴリやってしまおうと思っている。
企画の骨が誰になろうと、資材と人材は変わらずにある。
それどころか、早く使ってくれとまで言われている。
皆、お祭りが好きなのだろうな。
やったきたことや、やっていくことが無駄に浪費されないためには、間違っていない道をたどって最後は正しい道へ出ないとね。
今までのようにひとつの方策にこだわる必要も無い、自由で柔軟な戦略が取れることの素晴らしさ!
 
変わらぬものは、何も変えられない。
しかし、変わりすぎるものも、何も変えられない。
いま「新機動戦記ガンダムW」OPERATION 4」を聴いているのだが、「RHYTHM EMOTION」がながれ始めた。
きっと「あきらめない強さ」が大切なんだね。
 

迷彩服格安大量購入


 
M65 フィールドジャケット ウッドランド
XS-S
M-R
 
ウッドランドBDU 上着
S-S ×4
S-R ×5
S-L ×2
M-S ×2
M-R ×3
M-L ×1
L-S ×1
L-R ×1
L-L ×3
L-XL ×2
 
大きすぎるサイズのは増設ポケット用の素材に転用。
これで、チーム員の大量増加にも対応可能。
 
 
 

Good day to kill & die.


 
所属チームの定例会。
数年ぶりのゲーム会全体のディレクション。
レギュ説明、60点>新レギュ用紙に戸惑う。
タイムキープ、70点>室岡に感謝。
作戦立案、80点>理論的な説明でチーム員の理解が進んだ。
戦術指導>95点>ほぼ完璧、チーム員の動きが目に見えて変わった。
戦闘指揮、70点>もう少し具体的な支持が必要。
個人戦績、60点>勘が鈍っている。
外交、95点>友好団体とは良好、アホどもは沈黙。
 
ここ数年来で一番楽しいゲーム会であった。
前日からの準備が自分の分だけでよかったことも幸いしたようだ。

 チーム員たちの自立も著しいので、面倒はほぼみなくて済んだ。
新規参加者一名もベテランなので気は楽。
外交問題は極めて優勢。ひとつの方向性を持つことでチームは大きく変わっていくだろう。
より強い一体感と規模の増強。
この二つは両立する。
今までの悪しき因習や古い考えを捨て去り、精強なチームを作る。
ブレイカーズの戦闘力、ジハード団の人材、ODAの一体感。
すべてを包括していくことが可能になった。
これを何年夢見てきただろう。
 
夢は今、現実へと動いている。
この瞬間も。
 

強く儚いもの


 
長崎と話した。
昔からのこと。
これからのこと。
 
俺の不安定なところを吐露する。
俺にも悪いところは山ほどあった。
理解する気持ちと自己防衛がせめぎあっていた。
結局はもう許している。
良い思い出も多く残り、新しい縁も増えた。
我々はできることをやった。
報われるか報われないかなんか関係ない。
たぶん幸せなのだろうから、それでいいじゃないか。
そう、合理化した。
 
いつもの笑顔で話しを聞いてくれた。
「たけるがそれでいいならいいじゃないか」
 
混乱が収まった。
完全ではない自分を認めて、改めていくことが最大の成長を促す。
止まっている場合じゃない。
やれることは山ほどある。
 
我々は我々でこれからもやっていこう。
来るものは拒まずで仲間として迎えよう。
そしてお互いにサポートしていこう。
 
間違っていない選択がまだできているようだ。
悪いところは即、直し、良いところを伸ばし続ける。
結局は何も変わらない。
 
これからも俺は、誰かが助けを求めるなら全力で助けるだろう。
誰かを守るためなら嘘もつくだろう。
仕方なければ裏切りもするだろう。
 
嘘も裏切りもなく、善も悪も飲み込み、助けられるチカラを手に入れよう。
 
それが俺の人生の目的だ。
 
拒絶でなく共感的理解を。
憎悪でなく愛を。
理屈よりも行動を。
 
もともとの立ち位置にもどろう。
 
ヒトはみな強く儚い。
だからこそ、面白い。
そして、愛しい。
 
 

夢を見る資格


 
西中さんの引越しの手伝いをしながら、いろいろと話した。
本当に良いモノを見分ける目が備わってないと成長ができないという話には納得。
色々な面での協力は今まで通りしていただけるので、大勢に影響はなくなった。
ガンスリコスプレ用のドラグノフ、PJモデルさん用のHGUヘルメット、HALO装備。
女の子と濃い軍装の取り合わせで、まずは海外向けサイトで目を引いてみようと思う。
 
夢を叶える事を諦めざるを得なかった男性の話は心にグッと来た。
結論としては夢を諦めることはないのではないだろうか。
諦めたらそこで0%になってしまう。
「May be」という言葉が夢への切符なのだ。
 
波に流されつつも自分の行き先へ進み続ける。
 
無駄とも思えることも、それは肥やしになる。
 
俺は上に行くよ!
 

生きにくさ


 
最近はコントロールできるようになった。
感じないような脳天気にはなれないが、それに浸かるのも、まあ、なんだ。
 
身の丈にあったことをしてればいいのに、分不相応なことを望む。
そういう気概を持つ人たちが愛しい。
105%の出力で巡航したい。
独身になった恩恵を享受して、5年のあいだ停まっていた時を動かそう。
 
あの20世紀を思い出そう。
積極性が低下していたのは確かだから、さらにアグレッシブに攻めよう。
右か左か、開けるか閉じるか、落とすか上げるか、行くか停まるか。
単車にいのちを賭けて、チープなスリルを楽しんでいたころに比べりゃ、今は死ぬこたないんだから。
一歩前へ、さらに半歩前へ。
 
 
 
 

引越し2件


 
手伝うことになる。
嫌な思い出がある場所からは引っ越しやすいが、良い思い出があるところからは引っ越しにくい。
新しい住居がそれぞれに良い結果をもたらすと良い。
 
悲しい記憶の数ばかり飽和の量より増えたなら 忘れるよりほかないじゃありませんか?
 
俺にはできないが、それもまたひとつの方法。
 
 

いらないもの


 
自分のためでないものを少し処分。
確定したものは捨てる。
不確定なものはしまう。
 
資材と戦力の確認をしたら次の作戦に取り掛かろう。
10月仙台、11月ボスニア以外はそんなに大きなイベントもない。
12月には色々、方もつくだろう。
 
備忘録
ビデオ素材編集
HP用写真修正
にしなかさん新居訪問
前島消息確認
SWAT撮影会モデルさん予定確定
廃屋スタジオブラックラグーン撮影会
アメリカツアー打ち合わせ
屍姫撮影会
十二国記日光撮影会
本栖湖ベトナム撮影会
戦争の犬たちK9撮影会犬手配
来夏イベントうちあわせ